グローブ・エフ代表のブログ

グローブ・エフ代表深川のブログです。 私、深川の故郷、九州、また福岡の地を中心としたネットワークをインドまたその奥に拡大させて行こうと考えています。 特に、同窓の後輩の諸君、あるいは海外に憧れを抱いている若い世代の方々、一緒にワークしましょう、皆さまが世界に跳び出す礎を築きましょう。

専門家カタギと技術をサービスとしてビジネス化 Professionalism to be business as a service(PasS)

【プロフェッショナル派遣は日本を救えるか】という記事を目にしました。【最近、若者の力を信じて、日本の将来を託そう】と書き込んだばかりですが、将に時を得て、的を得たお話と承るばかりです。私の信じる若者が成熟するには、5年ないし10年の歳月を必要とするわけであり、その暁にはPasSとして新たなビジネスが立ち上がるに違いありません。 I have read an article about how professional dispatch can save Japan. I just wrote that I will believe in the power of young people and entrust the future of Japan, but I will just listen to the story that I got the time and the point. It takes five to 10 years for young people I believe them to mature, and when that happen, a new business is going to start as PasS. ただ、成熟する過程、そのスキーム構築は一筋縄では行かないと思われ、国、経済界を挙げての後押しが必要不可欠であり、私自身のコミットメントについては、沈思熟考すべき課題です。しばし、ご猶予を。 However, in the process of maturation, it seems that working out the scheme is not a tricky process but a very tough job requiring a great source of support from government and business community, and then my own commitment is an issue to ponder. Give me time !!!                                                                                               2021年06月14日 深川 彰                                                                                                                           June 14, 2021 Akira Fukagawa

2021年06月14日 深川 彰

国内の若者の力と情熱を信じて、将来の日本を託してみよう Let’s believe in the power and passion of young people in Japan and entrust japan for the future

この数年、私は国内のスキル保有のIT人材確保に逼迫している状況に照らして、主にインドのパートナーとIT人材リクルートに注力して来ました。一方、官民挙げては、IoT、AI、DXなど急速に進む先端技術の獲得を喫緊の課題として、その解決に向けた取り組みを推進しています。 Over the past few years, I have focused primarily on recruiting IT talent with indian partners in light of the tightness in securing IT talent with skills in Japan. On the other hand, the public and private sectors are promoting initiatives to solve rapidly advancing advanced technologies such as IoT, AI, and DX as an urgent issue.

日本をめぐる状況としては、コロナ禍でのオリパラ開催に向けた精一杯の努力の中、茨城沖の天然ガス油田、南鳥島FEZ海域のレアアース、など、巨大な天然資源埋蔵の可能性や試掘を報じる記事が近年散見されるようになりました。でも、商業ベースで発掘に到るには、5年や10年を待つ必要があります。 In japan, in the best efforts to hold oripara due to coronal disaster, articles reporting the possibility and search of huge natural resource reserves such as natural gas oil fields off Ibaraki and rare earths in the Minamitorishima FEZ sea area have been scattered in recent years. But you have to wait five or 10 years to get to the excavation on a commercial basis.

そうです、私を含めて、高齢者と呼ばれる世代は、行動抑制の掛け声の下、感染に対する怯えから、自粛、自粛の毎日を過ごし、若者たちは、自粛疲れの反動もあり、各々の存在意義を街に出ることで確かめる行動で示すようになりました。その熱を自分たちの将来のために、長期的な視点で、各々の活躍の場を追求してもらいたいのです。 Yes, the generation called the elderly, including me, spent every day of self-restraint and self-restraint from fear of infection under the call of behavior suppression, and young people also had a reaction of self-restraint fatigue, and came to show their raison d’eal each by going out to the town. I want them to pursue their own opportunities for their own success from a long-term perspective for their own future.
その為には、英語をビジネスレベルにまでマスターしてもらうことは、必要不可欠ですが、それに加えて、天然資源の採掘技術、あるいは水、農業、国内だけでなく、全世界を見つめた技術の習得に全身全霊を傾けてもらいたいのです。少なくとも、コロナ禍でも生き抜く力を示したのです、今後繰り返されるであろう、新たな感染症のパンデミックにおいても、若者が主役となり、日本を牽引していく役割を担ってもらいたいのです。 n order to do so, it is essential to have english mastered to the business level, but in addition, we want you to focus your whole body and soul on the acquisition of natural resource extraction technology, as well as water, agriculture, and technology that looks not only at the whole country, but also the whole world. At the very least, we want young people to play a leading role in the pandemic of new infectious diseases that will be repeated in the future, which has shown the power to survive the coronal disaster, and to lead Japan.

国や、内部留保の維持、拡大に精進されてきた、企業の経営者にとっては、若者への投資を始める契機が到来したのです、多くは終身雇用や年功序列制度を求めてはいないはずです。それにより、バブル以降、抑えていた新卒給与の大幅なアップ、(大学新卒で20万円+を30万円でも、それ以上にも)を約束すれば、若者は戦後復興に邁進した焼け跡世代や段階世代に勝るとも劣らない働きを示してくれるのです。 For the government, corporate managers who have been active in maintaining and expanding internal reserves, have come to the opportunity to start investing in young people, and many should not be seeking lifetime employment or seniority systems. As a result, if we promise a significant increase in the salaries of new graduates who have been suppressed since the bubble, (200,000 yen + 300,000 yen for new university graduates, or even more), young people will show no better work than the burned-out generation and stage generations that

具体的な私自身の取り組みについては、CCサイトに掲載の予定ですので、しばしお待ちください。 I will post specific initiatives on the CC site, so please wait a while.

                                                2021年06月11日更新 深川 彰                                          
                                          updated on June 11, 2021 Akira Fukagawa

2021年06月11日 深川 彰

コマを倒さないために Everlasting spinning top to keep

ユニークな文明論で知られる梅沢忠夫先生の著された「文明の生態史観」から。1955年に英国からの分離独立後のインドとパキスタンを旅された折、英国から引き継いだ体制や英語という公用語のもとでの、【大磐石】な安定があり、これに対比して日本には、【回転しているコマ】の安定があるとの達見をお示しになり、日本の子どもたちがおおきくなるころには、インド、パキスタンとは性格が異なるが、人口問題として就職難の激化を示唆されている。確かに就職難が繰り返し発生したが、人口問題というより、経済状況が大きく反映された結果と拝察しますが、ここでは、コマの安定性が損なわれつつある、現在、どう回復すべきかとの私見を述べたいと思います。 From the “Ecological History of Civilization” written by Dr. Tadao Umezawa, who is widely known for his unique theory of civilization. When he traveled to India and Pakistan after the separation from The United Kingdom in 1955, there was a stable [huge rock on a solid basis] under the official language of the system and English inherited from the Uk, and in contrast, Japan showed that there was stability of [spinning top], and by the time Japanese children grew up, the character was different from India and Pakistan. It is suggested by him that the difficulty of finding employment intensifies as a population problem. Yes, there have been repeated difficulties in finding employment, but I do think that this is a result of a large reflection of the economic situation, but here I would like to state my view on how the stability of the spinning top is being impaired and how it should recover now. コロナ禍で翻弄され続けている若者の奮起を促し、オリンピックやパラリンピック、4年後の大阪万博、そしてやがて来るであろう、ワールドカップサッカー日本大会他国際的イベントを牽引し、観客としての参加だけでなく、ボランティアとして運営の担い手、さらには企画への参画、により、コマの回転力を維持し、さらに激増して、安定性を盤石なものにできるものと大いに期待できます。若者はこの1年でコロナへの大きな抵抗力保持を証明しており、例えば、ワクチンの優先接種ならば、さらに安心感を持って、活動できるのです。 By inspiring young people who continue to be at the mercy of COVID19 disaster, leading international events such as the 2020 Olympics and Paralympics, the 2025 Osaka World Expo four years from now, and the World Cup Soccer Japan, which will hopefully come in due course, not only participation as spectators, but also as a volunteer, and participation in projects, maintaining the rotational power of the spinning top, and increasing even more sharply, We can expect a lot of stability to be huge and solid rock. Young people have proven a great resistance to COVID19 in the past year, and for example, with priority vaccination, they can still more work with peace of mind. 2021年05月31日 深川 彰 Updated on May 31, 2021 Akira Fukagawa

2021年05月31日 深川 彰

デジタルトランスフォーメーションへの道 Passage to Digital Transformation(DX)

企業、組織には独自の歴史、文化そして、根ざしてきた風土があり、米国などのIT分野の先進、先端技術を保有する既成企業や新興企業からの技術、製品、またソリューションを、いきなり、そのまま導入しても期待通りのデジタルトランスフォーメーションを実現できるわけではありません。 Companies, Organizations have their own history, culture, and corporate climates, and therefore the technologies, products, and solutions from established companies and start-ups with advanced technologies developed in IT industry of such as the United States, introduction of ones will not be so easily to achieve the digital transformation as expected.   そこで、導入のプロセスには時間をかけて検討し、企業や組織の抱える問題点を一つずつ、解決する製品ややソリューションを選択して進めることが核心となるのです。 So it’s all about taking the time to consider the deployment process and choosing/advancing the products and solutions that solve the problems with existing of company and organization one by one. プロセスを規定するものとして、”PDCA”サイクルがあり、日本では製造業で非常に役に立ったが、ソフトウェア開発やサービス提供を生業とする企業にはマッチしなかったといえます。計画”P”を策定することで幹事さんは燃え尽きたのでしょう。では、以前、ご紹介した、”OODA”ウーダループはどうでしょうか?観察するObserve、状況を判断するOrient、意思決定を行うDecide、行動するAct、これなら、すでに取り入れている企業は多いと推察します。 As a almost standard process, there is a “PDCA” cycle, which was very useful and effective in the manufacturing industry in Japan, but it has never been fit for companies that do make software and service provision a living. By formulating a plan”P”, the secretary is likely to have burned out. So what about the “OODA” loop introduced a sometime before? 一呼吸おいて、よく見て、考えて、企業自身にあった技術、製品、ソリューションを選別してはどうでしょうか。 Take a breather, take a good look, think, and sort out the technologies, products, and solutions that are right for you. As for PDCA, from a judge’s point of view, I have seen and felt its good and bad, but with regard to OODA, it seems to a best practice although it must be a big challenge for me to put it into practice. PDCAについては、国際規格への適合性審査員としての観点で、その善し悪しを見て感じてきましたが、OODAについては、私にとっても、その実践に与ることは、大きな挑戦です。 As for PDCA, from a point of view as an assessor to conformity to the corresponding international standard, I have seen and felt its good and bad, but with regard to OODA, it is a big challenge for me to put it into practice, but it’s time to do. 上記、私見に対するご批判、ご賛同については、Linkedin上の”Contact Info”でメール願います。 Highly appreciated if you readers shall post any comments positive and negative through mail indicated in “Contact Info” of Linkedin.   2021年05月13日 深川 彰 Updated on May 14, 2021 Akira Fukagawa

2021年05月14日 深川 彰

デジタルトランスフォーメーション Digital Transformation(DX)

 

国内でも、デジタルフォーメーションDX導入の動きが活発化しています。そこで、成功の鍵について、私見をまとめましたので、少しでも参考になれば、幸いです。 In Japan, “Digital Transformation(DX)”is gathering momentum, then may I state my opinion as to the key to success, and it would be appreciated for your reference.

 

半年前の投稿で、リモートワークにおける上司と部下の関係における、新たなスキルの必要性について言及しました。その後の状況の変化として、リモート作業を要件とする海外の求人を散見し、国内ではリモートワークを苦手とする上司の存在を示唆する報道記事を拝読した記憶があります。Blog submitted 6 months ago, the need for new skill for improving relationship between supervisors and subordinates was pointed out. After that the situation is changed; one at overseas recruiting is now quite often to call remote-base engagement, and other a certain article on Japanese social media reported some supervisors are found bad at remote work.

 

30年近くになりますが、世界的ブランドのERPソリューションを導入には、必ず、組織毎にその文化や体制に沿ったカスタマイズがなされ、カスタマイズ専門システムハウスが隆盛を極めた状況が散見されました。 DX(ITインフラとソリューション)に対して、同様の不適切な対応がなされることは、何としても避けなければなしません。 すなわち”失われた20年”を繰り返しては日本に将来はありません。 Almost 30 years ago, in Japan there flourished so many system houses specialized in customization of world class ERP solutions. For DX(IT infrastructure and solution), those wrong measures never be taken by any means. That is “Lost 20 years” will not be repeated for looking forward to the bright future of Japan.

 

現在の組織にとっては受け入れがたいとしても、リモートワークを苦手とする上司を部下から切り離しながら、他方、彼らのプロとしての経験や専門性を生かす重要な役割を与える機会ともなり得ます。改めて確認すると、変革には思い切った組織の文化や体制の見直しが必要不可欠であることは自明の理です。 これが、成功の鍵です。Even though unacceptable to existing organizations, those supervisors bad at remote work are to be removed from subordinates, in turn this is the opportunity for them to be appointed to important roles for leveraging experiences with professional competence and expertise. Transformation, once again, does mandate drastic overhaul of culture and structure of organization. This is it, the key to success.

 

従来、上司とは、部下に対して、常に組織としての行動規範を示し、”報連相”を要求し、オフィスの机に呼び寄せ対面で指導・助言を行う”プロフェッショナルであるべきという”組織文化のもと、推進してきたと言えます。しかしながら、”ジョブ型雇用”の導入が広く喧伝されつつある現在、上司は自ら書き上げた”職務記述書”に基づき、部下の面接を行い、採用することを求められる時代に移り変わっているのです。 In a conventional style, the supervisor, for subordinate, does insist on compliance to the organizational code of conduct, require behaviors ruled by norms “(HO-REN-SO)Report/Contact/Consultation”, summon subordinate to his desk for performing face-to-face direction /advice, and promote this kind of professionalism under organizational culture. However, the introduction of “Job-type Employment” is being trumpeted widely, then supervisors are required to write out “Job Description”, have interviews with subordinate candidates and determine the employment by the changing times being reflected.

 

上記、私見に対するご批判、ご賛同については、Linkedin上の”Contact Info”でメール願います。 Highly appreciated if you readers shall post any comments positive and negative through mail indicated in “Contact Info” of Linkedin.  

 

Updated on March 18, 2001 Akira Fukagawa

2021年3月18日更新 深川 彰

2021年03月17日 深川 彰